2018/12/07 20:35

小津安二郎の無声映画、弁士と生演奏でモスクワを魅了

小津安二郎監督特集レトロスペクティヴのポスターと一緒に。弁士の片岡一郎
小津安二郎監督特集レトロスペクティヴのポスターと一緒に。弁士の片岡一郎

 ロシア・モスクワの国立トレチャコフ美術館などで開催中の小津安二郎監督レトロスペクティヴで活動写真弁士・片岡一郎による弁士付き上映が4回に渡って行われた。会場には、小津映画をロシアに紹介したロシア国立映画博物館・元館長で映画評論家のナウム・クレイマンも駆けつけ、上映後には興奮冷めやらずといった面持ちで片岡に賞賛の言葉をかけ「今後は是非ロシアの無声映画に弁士を付けてください」とラブコールを送っていた。

 モスクワでの小津の回顧上映は1999年以来、19年ぶり。今回は「ロシアにおける日本年2018」事業の一つとして国際交流基金やロシア国立映画保存所(ゴスフィルモフォンド)の主催で行われ、イランのアッバス・キアロスタミ監督がオマージュを捧げた『5 five~小津安二郎に捧げる~』(2003)から、4Kデジタル修復版『東京暮色』(1957)、さらにゴスフィルモフォンドで発掘された94分の完全版『父ありき』(1942)など32作品を上映した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >