2018/12/08 08:12

『ドラゴンボール』野沢雅子、いつも悟空と一緒 愛され続ける主人公の魅力

「わたしは悟空ですから」野沢雅子 『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』でもフルパワー!
「わたしは悟空ですから」野沢雅子 『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』でもフルパワー!

 国民的アニメ「ドラゴンボール」で主人公・孫悟空の声を担当する声優の野沢雅子が、劇場版最新作『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』の公開を前に、世界中で愛され続ける悟空の魅力を、共に歩んだ日々と共に振り返った。

 1986年のアニメ放送開始以来、30年以上にわたり悟空の声を担当してきた野沢。『ドラゴンボール超 ブロリー』は20本目の映画作品となるが、彼女自身は“節目の作品”ということに対して、「わたしは悟空ですから。20本目だなとしみじみ思うなんてことはないんですよ。いつだって絵の中の悟空と一緒に生活していますからね」とキッパリ。

 30年以上を経てもなお、悟空は人々から愛され続けている。その理由について野沢は、悟空の人間性を挙げ「絶対に正義の味方でしょ。そういう一面って誰しもが持っているものだと思うんですけど、なかなか出せないじゃないですか」と語る。

 「人間ってどうしてもカッコつけちゃうから。バカにされたくないし、笑われたくもない。照れて引っ込めちゃうでしょう。でも、悟空には照れなんかない。自分が思った通りに生きていますから。こんなこと言ったらみんなにバカにされるんじゃないかな、ということは一切ない。俺だって、あたしだってこういう生き方をしたいんだと、思うんじゃないかな。だから愛されているんでしょうね」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >