2018/12/10 23:32

伝説のロックプロモーターを描いたドキュメンタリー、監督が語る

『ザ・ショウズ・ザ・シング:ザ・レジェンダリー・プロモーターズ・オブ・ロック(原題)』より、世界的ギタリスト、サンタナの1970年のライブの様子 (C)The Show's The Thing: The Legendary Promoters of Rock
『ザ・ショウズ・ザ・シング:ザ・レジェンダリー・プロモーターズ・オブ・ロック(原題)』より、世界的ギタリスト、サンタナの1970年のライブの様子 (C)The Show's The Thing: The Legendary Promoters of Rock

 アメリカの伝説のコンサート・プロモーターを描いた話題のドキュメンタリー映画『ザ・ショウズ・ザ・シング:ザ・レジェンダリー・プロモーターズ・オブ・ロック(原題) / The Show's The Thing: The Legendary Promoters of Rock』について、共同監督のモリー・バーンスタインとフィリップ・ドーリンが、E-mailインタビューに応じた。

 同作は、アメリカの伝説のコンサート・プロモーター、フランク・バーサローナさんと、彼が立ち上げたプレミア・タレント・エージェンシーに属するアーティストたち、そしてそんな彼に影響を受けた音楽プロモーターのビル・グラハムさん、ジェリー・ワイントローブさんたちを通して、プロモーターがいかにアメリカの音楽業界に変革をもたらしたかを描いたドキュメンタリー。

 今作の製作経緯についてバーンスタイン監督は「わたしとフィリップは、先日亡くなったマジシャンのリッキー・ジェイを扱ったドキュメンタリーをアメリカ・マスターという番組で手掛けたことがあったの。そのリッキーのマネージャーで、過去にミュージシャンのジョー・ジャクソンやシンガーソングライターのカーリー・サイモンのマネージャーをした経験のある音楽業界に精通したウィンストン・シモンが、わたしたちに伝説のロックプロモーターの映画を作ることを勧めてくれたの。そして、そのウィンストンが、当時のロックコンサートを主催した少しクレイジーなプロモーターたちを紹介してくれたわ。彼らはプロモーターの先駆者で、情熱的で、リスクを背負ってやっていた。小さなビジネスから握手で契約を交わし、偉大なロックスターたちを育ててきたのよ。でも一般の人々にはあまり知られていないから、映画として描くには素晴らしい題材だと思ったわ」と語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >