2018/12/15 15:20

溝端淳平、藤野涼子が明かす“必死エピソード”に大照れ

(左から)藤野涼子、溝端淳平
(左から)藤野涼子、溝端淳平

 女優の藤野涼子が、15日に都内で行われた主演映画『輪違屋糸里 京女たちの幕末』の初日舞台あいさつに出席。撮影中のエピソードを披露して、溝端淳平を照れさせた。

 新選組の結成初期に起きた芹澤鴨の暗殺事件の謎を、新選組隊士を愛した3人の女性の視点から描く本作。イベントには、藤野と溝端(土方歳三役)のほか、佐藤隆太(平山五郎役)、塚本高史(芹澤鴨役)、加島幹也監督も出席した。

 土方に思いを寄せる芸妓・糸里役で初めての時代劇映画に挑んだ藤野は、「撮影初日に、溝端さんから『何の曲が好き?』と聞かれたので『関ジャニ∞が好きです』と答えたら、『無責任ヒーロー』を一緒に歌ってくれた」と撮影エピソードを披露。溝端は「全然覚えてない。これは“無責任”ですね」と照れ笑いだった。

 さらに、藤野は移動中に「なんで新幹線は、普通の電車みたいにガタゴトしないのか」というマメ知識を溝端から教えてもらったことを明かすと、溝端は「もう必死だったときの話ですね。これは恥ずかしい」と苦笑をもらした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの考え方をハッキリ示そう。共鳴してくれる人が現れそう...もっと見る >