2018/12/14 22:02

『アクアマン』キャスト&監督が制作秘話を明かす

左から、アンバー・ハード、ジェイソン・モモア、ジェームズ・ワン監督
左から、アンバー・ハード、ジェイソン・モモア、ジェームズ・ワン監督

 ワーナー・ブラザースが手掛けた待望の新作『アクアマン』(2019年2月8日 日本公開)について、ジェイソン・モモア、アンバー・ハード、そしてジェームズ・ワン監督が、12月3日(現地時間)、ニューヨークのAOL開催イベントで語った。

 海底王国アトランティスの末裔(まつえい)で、人間として育てられたヒーロー・アクアマン(ジェイソン)が主人公の本作。海洋生物と意思疎通ができる能力を持つ彼は、アトランティスが人類の支配を目的とした侵略を始めたことを知り、人類を上回る文明を持つアトランティスの強大さを知る彼は、海を守るべきか地上を守るべきかの選択に迫られる。アンバーは水を操り、高い戦闘能力を持つアトランティスの女王メラを演じ、『ソウ』『インシディアス』シリーズを手掛けてきたジェームズ・ワン監督がメガホンを取った。

 今作は映画化されるまで時間がかかったが、ワン監督が関わるようになった時期は今から2年半~3年前だったという。「ちょうど映画『死霊館 エンフィールド事件』の撮影を始める前にオファーを受けたんだ。アクアマンは随分長い間、偶像視されたキャラクターだったけれど、一度も映像化されていなかったから、製作意欲をかきたてられたんだ。それにこれまでスーパーヒーローが、海洋の世界で描かれたことはなかったから、それも面白いと思ったね」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >