2018/12/14 06:00

小松菜奈&門脇麦が歌う!秦基博が主題歌、あいみょんが挿入歌を提供

主題歌を担当する秦基博(上)と、挿入歌を手掛けたあいみょん(下)
主題歌を担当する秦基博(上)と、挿入歌を手掛けたあいみょん(下)

 女優の小松菜奈と門脇麦が、映画『さよならくちびる』(2019年5月公開)で、劇中の2人組女性バンド「ハルレオ」として主題歌、挿入歌を歌唱することが14日、配給のギャガより発表された。タイトルでもある主題歌「さよならくちびる」を秦基博が、挿入歌「誰にだって訳がある」「たちまち嵐」をあいみょんが書き下ろし、プロデュースも担当する。

 『月光の囁き』『害虫』などの塩田明彦監督がメガホンを取り、インディーズで人気の女性ギター・デュオ「ハルレオ」のレオ(小松)とハル(門脇)の秘密、付き人シマ(成田凌)との揺れ動く関係を描く本作。『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で山下達郎が書き下ろした「REBORN」を歌唱したのも記憶に新しい門脇と、小松はトレーニングを経てギター演奏をしながらライブシーンの撮影に臨んだ。

 主題歌「さよならくちびる」を提供した秦は、「最初に頂いた脚本にあった『さよならくちびる』という塩田監督の言葉を元に、小松菜奈さん、門脇麦さんの演じるハルレオの声、この映画の世界をイメージしながら曲を書きました。今回、お二人とレコーディングさせて頂きましたが、お二人の、飾らない真っ直ぐな歌声によって『さよならくちびる』という曲は完成するのだと改めて感じました。多くの方に、楽しんで頂ければ幸いです」とコメント。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >