2018/12/18 22:42

アンディ・サーキス監督「ジャングル・ブック」実写版を語る

左から、アンディ・サーキス監督と主演のローハン・チャンド
左から、アンディ・サーキス監督と主演のローハン・チャンド

 映画『ロード・オブ・ザ・リング』『猿の惑星』シリーズのアンディ・サーキスが、監督・出演したNetflixオリジナル映画『モーグリ:ジャングルの伝説』について、主演のローハン・チャンドと共に12月12日(現地時間)、ニューヨークのAOL開催イベントで語った。

 ラドヤード・キプリングの小説「ジャングル・ブック」を映画化した本作。インドのジャングルでオオカミの群れに育てられ、クマのバルー(アンディ)や黒ヒョウのバギーラ(クリスチャン・ベイル)からジャングルの厳しさを学ぶ中で、モーグリの存在を認めないトラのシア・カーン(ベネディクト・カンバーバッチ)が現れ、モーグリの命を狙い始める。

 キプリングの原作のトーンで、よりキャラクターにこだわった描き方をしたかったというサーキス監督。「もともとモーグリの成長していく旅路は、とても感情的なもので、彼はその過程で大きな自己発見をしたんだ。ただ、これまでの作品では、動物のキャラクターの面白さなどが見過ごされ、原作では彼らも中心に描かれてはいるのに、公正な役割を与えられていなかった気がするんだ」原作をより忠実に描いたことで、ファミリー映画ではあるものの、ダークな要素も含まれているそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >