2018/12/17 21:19

狂気…恐怖映画『サスペリア』痛そうな予告編公開

『サスペリア』日本オリジナルのポスタービジュアル (C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC All Rights Reserved
『サスペリア』日本オリジナルのポスタービジュアル (C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC All Rights Reserved

 イタリアの鬼才ダリオ・アルジェント監督の傑作映画を『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノ監督が再映画化した『サスペリア』(2019年1月25日公開)の狂気と痛みがあふれる予告編、ルカ監督お気に入りのポスタービジュアルが公開された。

 1977年のドイツ・ベルリンが舞台となっている本作は、世界的に有名な舞踊団「マルコス・ダンス・カンパニー」に入団するためにアメリカからやってきたスージー・バニヨン(ダコタ・ジョンソン)が主人公。ルカ監督がオリジナル版の設定やキャラクターをベースに、新たな恐怖映画をつくりあげている。

 この度公開された予告編ではこれまでベールにつつまれていた物語の内容が、狂気と痛みを感じる描写とともに明らかにされていく。また、映像の後半では美しくも不気味なダンサーたちが踊り、同時に苦痛の叫びが響き渡る。世界的ロックバンド、レディオヘッドのトム・ヨークによる音楽も緊張と不安を増幅させる。

 あわせて公開された日本オリジナルのポスタービジュアルはルカ監督も既にチェック済みで、「素晴らしいポスター。この日本のポスターが僕は世界のいろんなバージョンの中で一番好きかもしれない(笑)」とコメントしている。(編集部・海江田宗)

【関連情報】
【動画】怖っ!痛っ!『サスペリア』予告編
『サスペリア』リメイク版は長年の夢だった、監督が明かす
名作ホラー最新作『ハロウィン』2019年4月日本公開決定!
プレデター、ロボコップ、チャッキーも!人気キャラ復活が流行中!
リメイク版サスぺリア、トム・ヨークの表題曲「Suspirium」公開!
清水崇、新作は『犬鳴村』2020年公開

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気のおけない仲間と過ごすと、いい刺激がありそう。未来を開く...もっと見る >