2019/01/04 12:02

ラミ・マレックがフレディ役の参考にした人気俳優とは?

 そんなラミがフレディを演じる上で頼ったのが“ムーブメントコーチ”の存在。同コーチを務めたポリー・ベネットは、目の動きや振り返り方、マイクのひねり方など細部までこだわり、時間をかけてフレディの癖を再現したという。

 もともとプロデューサーたちは振り付け師に協力してもらうことを検討していたそうだが、ラミは「『あれは振り付けされた動きじゃない』と言ったんだ。フレディの動きで振り付けされたものなんて一つもない。『振り付け』という言葉は『フレディ・マーキュリー』という名前のそばにあるべきじゃないね。彼の動き方や、彼があのような動きをした理由を、本質的に理解できる人を見つけたかったから、ムーブメントコーチを探した」という。

 さらに「僕が大いにインスパイアされたのが『博士と彼女のセオリー』のエディ・レッドメインだった。スティーヴン・ホーキングを演じる彼を観察しながら、『あの動きは振り付けされたものではない』と感じたんだ。確かエディは、ムーブメントコーチについたはずだ」と告白。

 「それで、ムーブメントコーチのポリー・ベネットにしばらく協力してもらった。ポリーのやり方は最高だったよ。彼女は今回の仕事にどうアプローチすればいいか理解していたから、すぐに二人で話し始めたんだ。フレディが遺したものや、彼の若い頃のこと、彼のシャイな面がどういうことに表れているかといったことについてね」と明かした。(編集部・中山雄一朗)

【関連情報】
【写真】このエディ・レッドメインを参考に!
『ボヘミアン・ラプソディ』がもっと楽しくなる!トリビアまとめ
こんなにそっくり!『ボヘミアン・ラプソディ』キャストと本人を比較
フレディ役の降板、監督クビ…『ボヘミアン・ラプソディ』完成までの8年
まるで本物のフレディ!『ボヘミアン・ラプソディ』で歌声が使われたシンガーが話題
『ボヘミアン・ラプソディ』フレディ役の歯はどうなってる?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >