2018/12/21 16:31

『万引き家族』毎日映画コンクールで最多ノミネート!次点に『菊とギロチン』

 次点、9ノミネートの『菊とギロチン』は、『64−ロクヨン−』前後編や『友罪』などの瀬々敬久監督が『バンコクナイツ』などの相澤虎之助の脚本を得て、大正末期、関東大震災直後の日本を舞台にした野心作。女相撲一座とアナキストたち、自由を渇望する者たちが出会ったら? というもしもの設定を史実とフィクションを交えて描いた物語。木竜麻生、韓英恵らがワケありの女力士に、東出昌大、寛一郎らがアナキストを演じた。木竜は『菊とギロチン』『鈴木家の嘘』でスポニチグランプリ新人賞にダブルノミネート。

 8ノミネートの『きみの鳥はうたえる』は、『Playback』『THE COCKPIT』などの三宅唱監督が、『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』などの原作者・佐藤泰志の小説を映画化。柄本佑、石橋静河、染谷将太が男女の揺れ動く三角関係を体現した。柄本、石橋、染谷いずれも俳優部門で候補になっているほか、日中と夜、それぞれの函館のロケーションも美しく、四宮秀俊が撮影賞にノミネートされている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >