2019/01/07 13:55

常盤貴子、膨大なセリフと格闘 19年ぶり日曜劇場主演で弁護士役に全力投球

TBSドラマ日曜劇場「グッドワイフ」で弁護士役として主演を務める常盤貴子
TBSドラマ日曜劇場「グッドワイフ」で弁護士役として主演を務める常盤貴子

 女優の常盤貴子が7日、都内で行われた日曜劇場「グッドワイフ」(TBS系、1月13日21時~)プレミアム試写会&舞台あいさつに出席。日曜劇場での主演は「Beautiful Life ~ふたりでいた日々~」以来、約19年ぶりとなる常盤が、劇中のセリフを引用し、たぎる思いを吐露した。イベントには、常盤のほか、小泉孝太郎、水原希子、北村匠海、滝藤賢一、賀来千香子、吉田鋼太郎、唐沢寿明も出席した。

 本作は、『エイリアン』などの巨匠リドリー・スコットらが製作総指揮を務める米ドラマ「グッド・ワイフ 彼女の評決」を原作にした法廷劇。常盤は、出産を機に弁護士を辞め専業主婦になったものの、検事である夫のスキャンダルをきっかけに16年ぶりに復帰する女性・蓮見杏子(はすみ・きょうこ)を演じている。

 常盤は、第1話を振り返り「弁護士としてはブランクがあるけれど、16年間のわたしは家事も育児もやってきた。それは無駄になっているとは思えない」というセリフがお気に入りだと語ると「わたしも日曜劇場には19年のブランクがありますが、自分なりに一生懸命やってきた仕事の数々があるからこそ、ここに立てているんだと思います」と胸を張った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

積極的に人の輪に飛び込もう。ぶつかることがあっても、反省の...もっと見る >