2019/01/07 07:35

横浜流星、5キロ減!「食べること忘れた」役づくり

横浜流星
横浜流星

 GReeeeNが脚本を手がけ、名曲「愛唄」のメッセージや思いを込めて製作された映画『愛唄 −約束のナクヒト−』(1月25日公開)で主演を務める横浜流星が、役づくりのために5キロも体重を落としていたことを明かした。

 GReeeeN×映画のプロジェクトの前作『キセキ −あの日のソビト−』にも出演していた横浜は今作で主役に抜てきされた。GReeeeNの気持ちを観客に伝える大切な役回りに大いに身が入ったという。主人公のトオルは病のため、医師から余命宣告されるという役どころ。台本を読んだ横浜が「撮影前に痩せておいた方がよいか」と自分から監督に相談すると、監督は「そんなに痩せすぎてもビジョンとは違うので、そこまで意識しなくていい」という反応だった。

 そうは言っても、横浜は中学時代に空手世界一になった腕前で、普段は筋トレを欠かさないスポーツマン。「健康すぎても役に合わない」「できる限りのことはしよう」と撮影前に5キロも体重を落とした。もともとストイックな性格で、撮影前、そして作品に入ってからはそのことで頭がいっぱいになるタイプ。「撮影に入ると本当につらくて、ご飯を食べることを忘れてしまい、自然と痩せてしまいました」と語る通り、寝食を忘れて役に向き合ったことで、さらに痩せていったという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >