2018/12/26 21:45

「ベルばら」池田理代子、日露の文化交流に一役

「ベルサイユのばら」のオスカルとアントワネットも駆けつけた!?
「ベルサイユのばら」のオスカルとアントワネットも駆けつけた!?

 漫画「ベルサイユのばら」などで知られる劇画家・声楽家の池田理代子がこの程、ロシア・モスクワで開催された第20回国際知的図書見本市 non/fiction に合わせて現地入りし、モスクワとサンクトペテルブルクでトークイベントを開催した。中央芸術家会館で行われた際には“ベルばら”のオスカルとマリー・アントワネットが花束を持って駆けつけ、池田の来露を歓迎した。

 池田の招聘(しょうへい)は、日露間の人的交流を目的とした「ロシアにおける日本年2018」事業の一環として国際交流基金などの主催で実現したもの。池田作品のロシア語版は正式には出版されていないそうだが、愛好家によるものや英語などの他言語に訳されたもの、さらにアニメ版を親しんでいる人も多く、ファンクラブも存在するという。

 池田もロシアとは縁が深く、初めて訪問したのは約40年前のソビエト連邦時代。漫画「オルフェウスの窓」でロシア革命を描くにあたって雪の中のロシアの大地がどのようなものかを体験したく、船とシベリア鉄道を乗り継いで旅をしたという。その時の印象について池田は「ロシアという土地はわたしが思っていたよりもずっと大きく、深く、矛盾に満ちていて、神秘的で大変魅力的な国だと思いました」と語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >