2018/12/27 16:53

細田守監督『未来のミライ』ゴールデン・グローブ賞ノミネートに驚き

細田守監督
細田守監督

 アニメーション映画『未来のミライ』の韓国公開キャンペーンのため細田守監督が訪韓。27日、ソウル市内の映画館で行われたマスコミ向け試写会後の質疑応答で、第76回ゴールデン・グローブ賞アニメーション作品賞ノミネートに「ある意味、ハリウッド作品とは真逆の存在と考えていただけに、選ばれたことを非常に驚いていますし、光栄に思っています」と喜びを語った。

 生まれたばかりの妹にかかりきりの両親に困惑する、4歳児のくんちゃん(声:上白石萌歌)が、未来からやってきた妹(声:黒木華)と出会い、不思議な出来事に遭遇していくさまを描く本作。主人公の両親は、父親が家事を担当、母親が働きに出るという設定だが、会見では儒教思想が根強く残る韓国らしく、家族の在り方に質問が集中した。

 細田監督は、「近代までは家族の中で父母の役割に確固たるものがありました。しかしながら、現代の家族は型を押し付られるものではなく、個人が一人一人独立した存在として家族と関わり、共同体としての家族を見出していくもの」と持論を展開した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >