2019/01/04 17:00

個性派スーパーヒーロー集結「アンブレラ・アカデミー」キャストが明かすキャラクターの苦悩

自身のキャラクターを熱く語ったロバート・シーアン(左)とデヴィッド・カスタネダ
自身のキャラクターを熱く語ったロバート・シーアン(左)とデヴィッド・カスタネダ

 特殊能力を持った7人のスーパーヒーローを描いたNetflixオリジナルシリーズ「アンブレラ・アカデミー」より、ディエゴ役のデヴィッド・カスタネダとクラウス役のロバート・シーアンが、自身が演じたキャラクターが持つ苦悩や役づくりについて語った。

 原作は、解散したロックバンド「マイ・ケミカル・ロマンス」のボーカルだったジェラルド・ウェイが手がけた同名コミック。ある日、世界中で妊娠していないはずの43人の女性が、同時刻に突如出産するという事態が発生。億万長者のハーグリーヴズ卿は、そのうちの7人の子供を引き取り、“アンブレラ・アカデミー”を設立する。その後ばらばらとなっていた7人は、ハーグリーヴズの死をきっかけに再集結することになる……。

 デヴィッドが演じたディエゴは、アンブレラ・アカデミーのナンバー2であり、ナイフ投げの達人。非の打ちどころがない屈強な男性に見えるディエゴだが、彼は「痛みを抱えている」と明かすデヴィッド。彼は実の母親に売られたという過去を抱えており、自分の人生に値段がつけられる体験が、価値観に少なからず影響を与えているという。「ディエゴは人を助けることによって、自分の価値を探っているんです。ただ良心から人を助けようとしているのではなくて、自分の存在価値を知ってほしいという気持ちから人助けをする」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

いつもの仲間に囲まれて落着いて過ごせる日。共通の目標をもつ...もっと見る >