2018/12/29 08:12

ハリウッド版『ゴジラ』続編あの兵器が登場 監督の込めたシリーズ愛

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のマイケル・ドハティ監督
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のマイケル・ドハティ監督

 ゴジラ、モスラ、ラドン、キングギドラが登場するハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』(2014)の続編『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を手掛けたマイケル・ドハティ監督が、本作における重要なテーマと共に、劇中に詰め込んだ過去シリーズへのリスペクトについて語った。

 本作は、米レジェンダリー・ピクチャーズとワーナー・ブラザースが展開する“モンスター・バース”シリーズの最新作。怪獣の復活によって世界が混乱するなか、秘密組織モナークの奮闘が描かれること以外は、ほとんどの情報が明かされていない。幼少期から『ゴジラ』映画に親しんできたドハティ監督は、物語の鍵を握るキーワードに「怪獣と人間の共存」があったと明かす。

 「かつての映画でモスラは守護神として描かれ、小美人(双子の小さな妖精)や人間から崇拝されていました。それは、人類と怪獣は共存できることを象徴しています。怪獣を理解し、隣り合わせに生きていた文明が存在したのに、われわれ人類はそれを忘れてしまったのかもしれない。本作を通して、そのことを伝えたいと思ったんです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

いつもの仲間に囲まれて落着いて過ごせる日。共通の目標をもつ...もっと見る >