2018/12/29 08:12

ハリウッド版『ゴジラ』続編あの兵器が登場 監督の込めたシリーズ愛

 そう語るドハティ監督にとって、怪獣もただのモンスターではない。「かつての『ゴジラ』シリーズに、モスラがゴジラとラドンに対して、キングギドラと戦うよう促し、そのやり取りを小美人が訳すという、素晴らしいシーンがあります(『三大怪獣 地球最大の決戦』)。それを観て、怪獣たちにも個性と知能があり、人間に対する考えも違うのだと気がつきました。僕の映画でも、怪獣たちは吠えるだけに見えて、実際には感情を持ち、思考していることをできる限り伝えたかった。クルーにも、彼らはただのモンスターではない、人格を持った生き物なんだと言い続けていましたね」

 ちなみに、本作におけるモスラについては「過去のシリーズでは、モスラのための神殿や歌も存在していましたよね。この映画の初登場シーンで、モスラはそうした特別な歴史を持った存在であることが一目でわかる環境にいますよ」とのことだ。

 人間と怪獣の関係といえば、怪獣に対抗するための兵器の数々も『ゴジラ』映画の醍醐味のひとつ。本作の撮影中、ドハティ監督はTwitterに、1作目の『ゴジラ』(1954)で登場した架空の科学兵器オキシジェン・デストロイヤーの写真を投稿していた。周囲の酸素を破壊する、初代ゴジラ抹殺の決め手となったアイテムについて「カメオではなく、物語の重要な鍵となるアイテムとして登場します」と認めたドハティ監督は、「もちろん他にも、人間側の兵器が出てきますよ」と期待をあおる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >