2019/01/01 07:12

『ミッション:インポッシブル』トム・クルーズ命懸けスタントの歴史

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(2011)

 トムの高さへの追及はとどまることを知らず、前作から5年を経た新作では、ドバイにある世界一高い超高層ビル、ブルジュ・ハリファに挑戦。撮影時48歳だったトムだが、外壁を昇るだけではなく、ワイヤーを頼りにビルの壁際を走りジャンプまでしてみせる脅威のアクションを披露している。ベンジー役で共演するサイモン・ペッグによると、撮影中のトムは、高さを怖がるどころか、ビルのてっぺんに、悠々と腰かけていたというから驚きだ。

 このシーンのインパクトは観客にとってもすさまじかったようで、映画公開直後、ブルジュ・ハリファの展望台のチケットは連日ソールドアウトとなる大盛況になったのだとか。アニメーション映画『Mr.インクレディブル』のブラッド・バード監督が手掛けた、初の実写映画でもある。

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(2015)

 シリーズ5作目は『アウトロー』でもトムとタッグを組んだクリストファー・マッカリー監督が監督。もはや高い場所に昇るだけでは飽き足らず、本作でトムは、高度1,500メートル、時速400キロメートルで飛行中の軍用機にしがみつくという荒業に挑戦してみせ、ファンの度肝を抜いた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >