2019/01/09 15:05

今年のゴールデン・グローブ賞授賞式、視聴者は小幅減

クイーンのブライアン・メイとロジャー・テイラーも出席 Daniele Venturelli / WireImage / Getty Images
クイーンのブライアン・メイとロジャー・テイラーも出席 Daniele Venturelli / WireImage / Getty Images

[ロサンゼルス 7日 ロイター] - 6日に行われた第76回ゴールデン・グローブ賞の授賞式中継の全米視聴者数は昨年から約2%減少し、1,860万人だった。NBCが7日に発表した。

 ただ、候補作品にヒット作が並んだことや、歌手レディー・ガガらセレブリティーがノミネートされたことから話題を集め、視聴者数は約15%落ち込んだ昨年のアカデミー賞やグラミー賞ほどは減少しなかった。

 広告ターゲットとして好まれる18~49歳の視聴者は前年比4%増加した。

 候補作品には、スーパーヒーロー映画『ブラックパンサー』やアジア系俳優が主演するコメディー映画『クレイジー・リッチ!』から、レディー・ガガ初主演の『アリー/スター誕生』など様々な作品が並んだ。

 ドラマ部門作品賞には英ロックバンド「クイーン」の軌跡を描いた『ボヘミアン・ラプソディ』が輝いた。同作品の中でボーカルの故フレディ・マーキュリーさんを演じたラミ・マレック(37)も、ドラマ部門の主演男優賞を受賞した。

 レディー・ガガは、『アリー/スター誕生』の主題歌「シャロウ」で主題歌賞を獲得した。

【関連情報】
【画像】レディー・ガガ、めっちゃゴージャス!授賞式の様子
第76回ゴールデン・グローブ賞【受賞全リスト】
ラミ・マレック『ボヘミアン・ラプソディ』で使用した義歯をGG賞に持参していた
オスカー前哨戦はこう見よ!予想の参考になる映画賞とは?
米アカデミー賞「人気映画部門」設立を延期
アカデミー賞、過去最低の視聴者数…昨年から19%もダウン

今日の運勢

おひつじ座

全体運

いつもの仲間に囲まれて落着いて過ごせる日。共通の目標をもつ...もっと見る >