2019/01/24 09:03

加藤雅也、常にイメージとの戦いだった芸歴30年

「メンズノンノ」出身俳優の草分け的存在でもある加藤雅也
「メンズノンノ」出身俳優の草分け的存在でもある加藤雅也

 「メンズノンノ」創刊号などでファッションモデルを務めたあと役者の道に進み、昨年、デビュー30周年を迎えた俳優・加藤雅也。独特の存在感で、日本の映像界にはなくてはならない地位を確立していると思われる加藤だが、デビュー以来、常に自身のパブリックイメージと戦い続けてきたという。

 加藤が最新作映画『二階堂家物語』で演じているのは、奈良県天理市で、先代の父から引き継いだ種苗会社を経営する二階堂辰也という男。彼は、事故により息子を失ったことで妻とも離婚し、代々受け継がれている家系が途切れてしまう危機に苦悩する役柄だ。

 加藤は、辰也という主人公のオファーがきたとき「純粋に驚いた」と胸の内を明かす。その理由を「地方都市で家系に縛られたような伝統的な父親。普通ならもう少し固めというか、古風な顔立ちの俳優さんが起用されると思うんです」と語った。

 “普通なら”という言葉に、加藤のジレンマが感じられる。本作でメガホンを取ったのは、イランの新鋭女性監督アイダ・パナハンデ監督だ。「日本人だと、どうしても日本の古き父親像はこうだという既成概念が優先されがちです。でも映画はアベレージが大切なわけではなく、いろいろな発想が重要だと思う」と監督のキャスティングに感謝の意を表した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >