2019/01/10 07:00

「宮本から君へ」連ドラに続き映画化 池松壮亮が主演続投、ヒロインに蒼井優

写真家・佐内正史、撮り下ろしのキービジュアル (C)2019「宮本から君へ」製作委員会
写真家・佐内正史、撮り下ろしのキービジュアル (C)2019「宮本から君へ」製作委員会

 熱血営業マンを主人公にした新井英樹の漫画「宮本から君へ」が連続ドラマ化に続き、映画化されることが10日、明らかになった。昨年4月クールにテレビ東京系で放送された連ドラ版のキャスト、スタッフが集結し、主人公・宮本浩役の池松壮亮をはじめ蒼井優、松山ケンイチ、柄本時生、星田英利、古舘寛治らが続投。宮本と、蒼井ふんするヒロイン・中野靖子を中心にした物語となり、今秋公開予定。

 原作は、1990年にモーニング(講談社)で連載開始、1992年に第38回小学館漫画賞青年一般部門を受賞。連続ドラマでは、都内の文具メーカーに勤務する新米営業マン・宮本のサラリーマンとしての日々に焦点を当てた物語が展開。劇中、宮本が仕事でおかした失態の責任をとる場面があり、池松が役のために丸刈りにしたことでも話題を呼んだ。蒼井演じる靖子は、宮本の先輩・神保(松山)の友人で、のちに未熟な宮本を叱咤激励する頼れる存在となっていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >