2019/01/10 22:52

『ドラゴンボール超』ニューヨークの観客の反応をレポート

大ヒット中!『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』より (C) バードスタジオ/集英社 (C) 「2018ドラゴンボール超」製作委員会
大ヒット中!『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』より (C) バードスタジオ/集英社 (C) 「2018ドラゴンボール超」製作委員会

 鳥山明のコミックを原作とする劇場版映画『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』のニューヨーク・プレミアが1月8日(現地時間)、AMC Empire 25で開催。同作について会場を訪れた観客の感想を聞いた。

 「力の大会」終了後も、宇宙にはまだ見たことのない強者がいると信じ、自身の能力を高めるために修行に精を出している孫悟空。ある日、悟空とベジータの前にほぼ全滅したはずのサイヤ人ブロリーが現れる。それぞれ全く異なる道を歩んできた三人のサイヤ人が地球で出会い、さらに悟空へのリベンジをもくろむフリーザも巻き込んで、新たな闘いが始まる。原作・脚本・キャラクターデザイン、全てを鳥山が務めた。

 ニューヨーク映画批評家オンラインに属する批評家ジェラルド・ライトさんは、アメリカで放送されていたテレビ版アニメは鑑賞したことがあったが、これまで一度も映画版は鑑賞したことがなかったという。「今作はノンストップのアクション映画で、かなりペースの速いストーリー展開。多くのスーパーヒーロー(サイヤ人)が戦っているのも面白かったね。特に印象に残ったのは、鮮明なカラーを使った映像だ。その鮮明なカラーがスクリーン上では、アニメのヒーローのキャラクターの個性を引き出しているように見えたし、(戦闘シーンでの)使い分けられた色の表現には感心したよ。アクションシーンの中にコメディー調のせりふを入れたりして、アクションとコメディーに相互作用をもたらしているのも面白かったね」と批評家らしい感想を述べた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >