2019/01/15 23:02

ティーンエイジャーの性事情を描いた話題のNetflixドラマ、主演俳優が語る

ブロンド姿が新鮮!エイサ・バターフィールド
ブロンド姿が新鮮!エイサ・バターフィールド

 映画『ヒューゴの不思議な発明』『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』などの若手俳優エイサ・バターフィールドが、Netflixのドラマ「セックス・エデュケーション」について、12月4日(現地時間)、ニューヨークのAOL開催イベントで語った。

 セックスセラピストの母(ジリアン・アンダーソン)を持つオーティス・トンプソン(エイサ)は、女の子との付き合いが苦手な高校生。自宅では性的なビデオやマニュアルに囲まれ、性に対してオープンな母親のもと育ったものの、まだ童貞で性的な知識だけが豊富だった。だがある日、性的な問題を抱える学生にアドバイスをしたことで、学校一有名な女の子に誘われ、学校や友人宅で秘密のセックスクリニックを行い悩み相談を受けるようになる。ベン・テイラーとケイト・ヘロンが、それぞれ4話ずつメガホンを取っている。

 今作の出演経緯についてエイサは「どんなテレビシリーズでも、かなり長く演じる可能性があり、シーズンが増えれば、数年同じ役をやることにもなる。だから役柄には情熱を感じ、共感が持て、さらに役柄になりきれて楽しめるものでなければならないと思うんだ。僕が出演する大きなきっかけとなったのは、オーティスと友人エリック(ンクーティ・ガトワ)の関係が心地よく、真実味のある親友関係であったこと。そして、ジリアン演じる母親もとても面白くて、正直で、優しくもあって、とにかく(キャラクターがそれぞれ)素晴らしく描かれていたことだね」と語った。個々のキャラクターの面白さに、一挙に引き込まれていったそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忍耐強くいこう。今日は動くよりも待つ方にツキがあり。またジ...もっと見る >