2019/01/17 23:02

アン・リー&ミシェル・ヨー『グリーン・デスティニー』を振り返る

左からアン・リー監督とミシェル・ヨー
左からアン・リー監督とミシェル・ヨー

 映画『グリーン・デスティニー』でタッグを組んだアン・リー監督とミシェル・ヨーが、1月7日(現地時間)、ニューヨークの映像博物館で同作を振り返った。

 引退することを決めた剣の名手リー・ムーバイ(チョウ・ユンファ)は、伝説の名剣“グリーン・デスティニー”を北京のティエ氏に献上しようと、女弟子ユー・シューリン(ミシェル)に剣を届けるよう託す。ユーはティエ氏の屋敷で隣に住む貴族の娘イェン(チャン・ツィイー)と出会い、彼女から剣士になる夢があると聞かされた矢先、剣が何者かに盗まれてしまう。

 ミシェルと最初に会ったときリー監督は彼女から、怪我が原因でバレエダンサーからマーシャルアーツに転向し、今度ジャッキー・チェンと共演する(映画『ポリス・ストーリー3』)ことになったと明かされたという。撮影では、彼女はそれまで一度もバイクに乗ったことがなかったにもかかわらず、動いている列車に飛び乗るシーンがあり、バイクの止め方を知らないため、後ろでスタッフがバイクをつかんだまま、エンジンをふかした状態で次に来る列車を待っていたそうだ。その映像を観たリー監督は、ミシェルといつか仕事がしたいと思ったそうで、その思いが『グリーン・デスティニー』に発展していったという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

先祖代々伝わることを守ると吉。仏壇に手をあわせたり、都合が...もっと見る >