2019/01/21 10:00

超絶美しいモノクロのラブストーリー!カンヌ受賞作『COLD WAR』6月日本公開

破滅的で美しいラブストーリー - 映画『COLD WAR あの歌、2つの心』より
破滅的で美しいラブストーリー - 映画『COLD WAR あの歌、2つの心』より

 第71回カンヌ国際映画祭でその圧倒的な映像美と音楽センスが話題を呼んだポーランド映画『COLD WAR』の邦題が『COLD WAR あの歌、2つの心』に決まり、6月28日より日本公開されることが明らかになった。

 前作『イーダ』で第87回アカデミー賞外国語映画賞に輝いたパヴェウ・パヴリコフスキ監督が本作で描いたのは、冷戦下、ポーランド、ベルリン、ユーゴスラビア、パリ……と鉄のカーテンで隔てられた東西を行き来しながら、15年にわたって別れと再会を繰り返すピアニストと歌手のラブストーリー。こだわり抜かれたモノクロ映像はため息が出るほど美しく、民族音楽からフレンチジャズまで絶品のナンバーが物語を彩っている。

 カンヌ映画祭では監督賞を受賞したほか、ヨーロッパ映画賞で作品賞、監督賞、女優賞、脚本賞、編集賞の5冠に輝くなど映画賞レースを席巻しており、第91回アカデミー賞外国語映画賞ノミネートも間違いないとみられている。(編集部・市川遥)

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』は6月28日よりヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国公開

【関連情報】
【動画】ため息ものの美しさ『COLD WAR あの歌、2つの心』予告編(海外版)
現代はラブストーリーには向かない…『COLD WAR』監督が過去を撮る理由
『万引き家族』アカデミー賞外国語映画賞の“最終候補作リスト”に残る!
KKKに黒人刑事が潜入 スパイク・リー『ブラック・クランズマン』公開決定
同性愛“矯正”セラピーの恐ろしい実態描く『ある少年の告白』4月日本公開
2019年 第91回アカデミー賞特集~賞レース速報付き~

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >