2019/01/22 21:58

ベストセラー作家から詐欺師に…実話映画で賞レースを賑わせる助演男優が役作りの苦労を語る

前哨戦を賑わせている演技派俳優リチャード・E・グラント
前哨戦を賑わせている演技派俳優リチャード・E・グラント

 映画『LOGAN/ローガン』『くるみ割り人形と秘密の王国』などの演技派俳優リチャード・E・グラントが、新作『キャン・ユー・エヴァー・フォーギヴ・ミー?(原題)/ Can You Ever Forgive Me?』について、ニューヨークのウィットビー・ホテルで語った。

 本作は、伝記作家リー・イスラエルが詐欺をはたらいた実話を描いた作品。エスクワイア誌に大女優キャサリン・ヘプバーンを取材した記事が掲載され、70年代にはセレブの生涯をつづった伝記本でベストセラー作家の地位を得ていた作家リー(メリッサ・マッカーシー)。しかし、化粧品ブランド「エスティ ローダー」の設立者エスティ・ローダーと伝記本をめぐって衝突したことから彼女の人生は転落し始め、詐欺師になっていく。監督は、映画『ミニー・ゲッツの秘密』(日本未公開)のマリエル・ヘラー。リチャードはリーの旧友ジャックを演じ、アカデミー賞の前哨戦などで助演男優賞にノミネートされている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >