2019/01/23 12:00

『ボヘミアン・ラプソディ』興収100億円を突破!11週目も絶好調

アメリカに次ぐ大ヒット (C) 2018 Twentieth Century Fox
アメリカに次ぐ大ヒット (C) 2018 Twentieth Century Fox

 日本でも大ヒットを記録し、社会現象を巻き起こしている映画『ボヘミアン・ラプソディ』の日本での興行収入が、22日までに100億円を突破した。世界的に見てもこれはクイーンが生まれたイギリスや、同じく大ヒットを記録している韓国を抜いて、アメリカに次ぐ世界で2番目の数字となっている(数字は配給調べ)。

 本作はロックバンド、クイーンのボーカルであるフレディ・マーキュリーの半生を描いた音楽ドラマ。昨年11月9日に日本公開され、11週目を迎えた先週末の全国映画動員ランキングでも、木村拓哉が主演した初登場の『マスカレード・ホテル』に続いて第2位をキープする絶好調で、この数字がどこまで伸びるのか注目したい。

 2018年に公開された作品としては『劇場版 コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命−』(92.3億円・興行通信社調べ)、『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』(91.8億円・興行通信社調べ)を抑えて、興行収入ナンバーワンを記録。拍手や発声が認められた応援上映なども盛り上がりを見せ、リピーターが続出したことや、クイーンをあまり知らない若い世代にも広がったことが要因のようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

いつもの仲間に囲まれて落着いて過ごせる日。共通の目標をもつ...もっと見る >