2019/01/23 08:00

松本穂香、長編映画初主演!新しい家族像描く『おいしい家族』今秋公開

左から浜野謙太、松本穂香、板尾創路 (C) 2019「おいしい家族」製作委員会
左から浜野謙太、松本穂香、板尾創路 (C) 2019「おいしい家族」製作委員会

 松本穂香が長編映画初主演を果たす『おいしい家族』が今秋に公開されることが決定した。監督を務めるのは、第40回すばる文学賞を受賞(佳作)するなどマルチに活躍するふくだももこ。板尾創路、浜野謙太が共演することも明らかになった。

 原作は、2015年に映像産業振興機構(VIPO)による「若手映画作家育成プロジェクト(ndjc)」に選出されたふくだ監督の短編映画『父の結婚』を長編化したもの。前作では妻を亡くした父親が再婚するまでの親子の日々が描かれたが、長編化にあたり、離島に舞台を移してエピソードやキャラクターを追加。家族における絆とそこへ向き合う主人公の心境がより深く描き出されるという。なお、本作がふくだ監督の長編初監督作品となる。

 長編映画初主演となる松本は昨年、ドラマ「この世界の片隅に」でヒロインを演じるなど大活躍。本作では、東京で働くキャリアウーマンの主人公・橙花(とうか)を演じる。母の三回忌に実家の離島に帰ると、父・青治(せいじ)が母の服を着て生活していることを知ったところから物語が動き出していく。今回のオファーに松本は「(脚本を)1ページ、2ページ、気付けばあっという間に読み終えていました。この世界に自分が行けるんだ、この役を演じられるんだ、とワクワクソワソワしたのを覚えています」と振り返っている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >