2019/01/25 22:00

「ナイトメア ~血塗られた秘密~」新シリーズに『イット・フォローズ』俳優

舞台は1938年のLA - ダニエル・ゾヴァット Earl Gibson III / Getty Images
舞台は1938年のLA - ダニエル・ゾヴァット Earl Gibson III / Getty Images

 2016年に3シーズンで終了したテレビドラマ「ナイトメア ~血塗られた秘密~」の新シリーズに、映画『イット・フォローズ』や「HERE AND NOW ~家族のカタチ~」のダニエル・ゾヴァットがキャスティングされた。Deadlineが報じている。

 新シリーズ「ペニー・ドレッドフル:シティ・オブ・エンジェルス(原題)/ Penny Dreadful: City of Angels」は、オリジナル版のヴィクトリア朝ロンドンとは打って変わって、1938年のロサンゼルスが舞台。メキシコ系アメリカ人の間で語り継がれる伝説と社会的緊張がみなぎる時と場所だという。メキシコの民俗信仰の女神、サンタ・ムエルテ側についた者たちと、悪魔の側についた者たちとの間で起きる衝突を、超自然な世界と現実を織り交ぜて描くそう。

 ダニエルが演じるのはロス市警初のメキシコ系アメリカ人刑事ティアゴで、人種差別、子供時代のトラウマ、そして信仰と向き合うことになる設定。

 クリエイターはオリジナル版と同じジョン・ローガン。脚本も彼が執筆するとのこと。オリジナル版は3シーズンでキャンセルされたわけでなく、ジョンが最初から3シーズンと決め、締めくくって終了している。(澤田理沙)

【関連情報】
【写真】「ウォーキング・デッド」より
「ウォーキング・デッド」のドワイト、前日譚ドラマにクロスオーバー
「ウォーキング・デッド」テレビ映画化!リック役アンドリュー・リンカーンもカムバック!
「NYPD BLUE」続編新作!オリジナルキャスト2人出演!
すべてが変わる夏「ストレンジャー・シングス」シーズン3は7月4日配信 キービジュアル公開
Netflixのフィギュアスケートドラマ、主役が降板 代わりに『メイズ・ランナー』女優

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忍耐強くいこう。今日は動くよりも待つ方にツキがあり。またジ...もっと見る >