2019/01/26 15:48

新田真剣佑、インフルエンザでイベント欠席…杉咲花がエール

新田真剣佑の代わりに「5番」を持つ堤幸彦監督
新田真剣佑の代わりに「5番」を持つ堤幸彦監督

 女優の杉咲花が26日、丸の内ピカデリーで行われた映画『十二人の死にたい子どもたち』公開記念舞台あいさつに出席し、インフルエンザのため欠席となった新田真剣佑に向けて「元気になって」とエールを送った。

 ベストセラー作家・冲方丁のサスペンス小説を、『トリック』シリーズの堤幸彦監督が映画化した本作。集団安楽死をするため廃病院に集まった12人の少年少女の姿を描く。この日は、杉咲、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜、橋本環奈、吉川愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗ら新田以外の11人の若手俳優陣が勢ぞろいし、堤監督も登壇。杉咲は客席を見渡して、「たくさん映画がある中で、わざわざ選んでくださりありがとうございます。ようやく映画をお届けすることができてうれしいです」と晴れやかな表情を見せた。

 堤監督は「(俳優の世界には)大御所や大先輩が多くて。チャンスをつかんで実力を発揮するということはなかなか難しいですが、この12人に関しては、どんな現場にいても大丈夫なんじゃないかと思うんです」と太鼓判。「それくらい対応力と実力と存在感がある人たちが、本当に奇跡的に12人集まってしまったなと思っております。これはプロデューサーのキャスティングの賜物でもありましょうし、それから皆さんが現場で感じ取って頑張った結果だと思います。観ていただいた方なら皆さん、納得していただけると思いますが、映画やドラマ、演劇の領域において、この12人は誰一人隅に置けない存在感だなと思いました」と誇らしげに付け加えた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >