2019/01/26 07:12

あいみょん、創作の源を語る

あいみょん
あいみょん

 昨年、紅白歌合戦出場を果たすなど注目度が上昇中のシンガーソングライター・あいみょんが、公開中のアニメ映画『あした世界が終わるとしても』で自身初となるアニメの主題歌と挿入歌を担当。同作の櫻木優平監督のラブコールにより実現したという今回のコラボについて、あいみょんと櫻木監督が振り返った。

 最新IT技術による「スマートCGアニメーション」を掲げるクラフタースタジオが制作した本作。相対するふたつの日本を舞台に、幼なじみのクラスメイト・琴莉を守るために奮闘する高校3年生・真の姿を描き出す。あいみょんは本作で主題歌「あした世界が終わるとしても」、そして挿入歌「ら、のはなし」を書き下ろした。

 あいみょんの楽曲は、男性目線で描かれたものが多い。今回の主題歌となった「あした世界が終わるとしても」も、主人公・真の目線から歌詞が作られている。歌詞に登場する“僕”は、自分の弱さを自覚しながらも「君だけは守りたい、せめてそばにいるんだ」と呼びかける。あいみょんならではの痛切なフレーズが印象的な曲となっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >