2019/01/29 22:15

子ども映画プロジェクトを若手育成支援の場として活用!【映画で何ができるのか】

講師、インターン、子どもたちみんなで記念撮影。
講師、インターン、子どもたちみんなで記念撮影。

 全国で子どもの映画制作ワークショップが盛んだ。神奈川県川崎市では地域連携や活性化など、福島県双葉郡広野町では復興支援などの目的で小・中学校の授業で映像制作が行われている。いずれも制作を行う子どもを対象としているが、東京・池袋の生涯学習施設「みらい館大明」では青少年を講師やスタッフとして積極的に参加させることで若手育成支援の場としても活用している。彼らにとっても新たな発見と成長の場となっているようだ。(取材・文:中山治美)

春・夏休みを利用した子ども映画プロジェクト

 JR池袋駅から徒歩約15分。静かな住宅街の中に、池袋子ども映画プロジェクトの会場である「みらい館大明」がある。

 同所は2005年に統廃合された豊島区立大明小学校の跡施設を生涯学習施設として活用しており、2012年からは毎年、春・夏休みなどを利用して小学生から高校生を対象とした池袋子ども映画プロジェクトが行われている。主催は豊島区と特定非営利活動法人いけぶくろ大明で、東京子育て応援事業だけでなく、豊島区若者支援事業のサポートを受けている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >