2019/01/29 05:00

岡田准一「白い巨塔」ライバル役に松山ケンイチ!寺尾聰と出演決定

左から順に、松山ケンイチ、岡田准一、寺尾聰 (C)テレビ朝日
左から順に、松山ケンイチ、岡田准一、寺尾聰 (C)テレビ朝日

 岡田准一主演のスペシャルドラマ「白い巨塔」に、俳優の松山ケンイチと寺尾聰が出演することが明らかになった。松山は、岡田ふんする主人公・財前五郎の同期でライバル医師でもある里見脩二(さとみ・しゅうじ)役を担当。寺尾は、財前の師である東貞蔵(あずま・ていぞう)を演じる。

 1965年に新潮社より刊行された山崎豊子の長編小説「白い巨塔」は、これまで1966年の映画をはじめ、スペシャルドラマ1本、連続ドラマ3本、韓国リメイク版1本と、度々映像化。今回、テレビ朝日開局60周年記念として、2019年に5夜連続のスペシャルドラマとして放送される。

 松山が演じる里見は、浪速大学医学部第一内科の准教授であり、出世欲がなく患者を救うことを第一に考える。学内の権力闘争に嫌悪感を抱いており、教授の座を狙う財前とは対照的な人物だ。松山は、自身の役について“医者の良心のようなキャラクター”と分析し、「本作で描かれる大学病院が考えがちな、“医者と患者の上下関係”とは少し抜け出したところから患者を見ている人です」と説明。岡田との共演については、「『岡田さんがこう来るなら、僕もこうしよう』というふうに組み立てられていったので、より対比がある2人になっているのではないかと思います」と振り返る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >