2019/01/30 10:00

オダギリジョー監督作に柄本明、村上虹郎 『ある船頭の話』9月公開

キャストの柄本明、村上虹郎、監督のオダギリジョー (C)2019「ある船頭の話」製作委員会
キャストの柄本明、村上虹郎、監督のオダギリジョー (C)2019「ある船頭の話」製作委員会

 俳優オダギリジョーが、約10年ぶりにメガホンをとる『ある船頭の話』が9月より公開されることが決定した。橋の建設が進む山村で船頭として働く男を主人公にした物語で、船頭のトイチ役は柄本明、彼と交流のある村人役は村上虹郎に決定。撮影監督にクリストファー・ドイル、衣装デザインにワダエミと豪華布陣が集結している。

 2009年の『さくらな人たち』(劇場未公開)で監督デビュー(小田切譲名義)を果たしたオダギリ。監督第2作となる『ある船頭の話』は、自身が長年温めてきたオリジナル脚本。川岸の小屋に住む船頭のトイチ(柄本)が、一人の少女との出会いを機に人生を一変させていくさまを描く。村上はトイチのもとに遊びに来る源三役で出演。柄本、村上は『武曲 MUKOKU』(2017)などで共演している。

 撮影監督は、『恋する惑星』『ブエノスアイレス』などウォン・カーウァイ作品で知られるクリストファー・ドイル。昨年12月に公開されたドイルの監督作『宵闇真珠』ではオダギリがキャストとして参加した。衣装を黒澤明監督作『乱』(1985)で第58回アカデミー賞衣装デザイン賞に輝いたワダエミが担当。アルメニア出身のジャズ・ピアニスト、ティグラン・ハマシアンが、本作で初の映画音楽を手掛ける。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >