2019/01/31 20:05

元死刑囚の宇宙船クルー…ロバート・パティンソン×クレール・ドニ監督『ハイ・ライフ』4月公開

トロント映画祭で物議を醸した『ハイ・ライフ』
トロント映画祭で物議を醸した『ハイ・ライフ』

 『パリ、18区、夜。』『ガーゴイル』などで知られるフランスの女性監督クレール・ドニの新作が、『ハイ・ライフ』の邦題で4月19日より全国順次公開されることが決定した。元死刑囚たちを乗せた宇宙船を舞台にした密室劇で、主演は大ヒットシリーズ『トワイライト』のロバート・パティンソン。

 舞台は近未来。一隻の宇宙船「7」の乗組員であるモンテや、彼の幼馴染ボイジーら9人の元死刑囚たちが「ブラックホール」に向かうサスペンス。彼らは科学者・ディブス医師のある実験に参加することで過去の重犯罪から免れ、生還の保証のない危険な旅が描かれる。

 主人公モンテ役には、監督が『トワイライト』から注目していたというパティンソンを抜擢。その幼なじみでキーパーソンとなるボイジー役に、現在公開中の『サスペリア』も話題のミア・ゴス。謎の科学者・ディブス医師役にジュリエット・ビノシュ。

 本作は昨年のトロント映画祭のGALAS部門でプレミア上映。絶賛とブーイングが同時に巻き起こり、ビノシュが熱演した衝撃的な官能シーンも話題を呼んだ。

 往年の名作SF映画へのオマージュを感じさせるプロダクションデザインを手掛けたのは、『ヴィオレッタ』『アクトレス ~女たちの舞台~』などに参加してきたフランソワ=ルノー・ラバルテ。(編集部・石井百合子)

映画『ハイ・ライフ』は、4月19日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

【関連情報】
【写真】ロバート・パティンソン「樹氷」Tシャツ姿
ロバート・パティンソン、仏監督と組んだ最新主演作を語る
衝撃的すぎる問題作…『サスペリア』日本でも賛否両論
ロバート・パティンソン史上最高の演技!東京国際映画祭グランプリ受賞の兄弟新作が高評価
禁断のテーマに挑んだ名作&問題作8選
『2001年宇宙の旅』HALの声を務めたダグラス・レインさん死去

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >