2019/02/04 11:00

アラサー女子の全力片思い…岸井ゆきの×成田凌『愛がなんだ』予告編公開

笑顔が逆に切ない…? (C) 2019映画「愛がなんだ」製作委員会
笑顔が逆に切ない…? (C) 2019映画「愛がなんだ」製作委員会

 岸井ゆきのと成田凌の共演で直木賞作家・角田光代の同名小説を映画化する『愛がなんだ』(4月19日公開)の予告編映像が公開された。「全部が好き。でもなんでだろう、私は彼の恋人じゃない。」という言葉がポスターに使用されている本作の予告編は、アラサー女子の全力片思いがつめこまれた内容となっている。

 公開された予告編では結婚パーティーで偶然出会ったテルコ(岸井)とマモル(成田)の甘い生活が映し出される。一緒に歯を磨いたり髪を洗いっこしたり、マモルに一目惚れし、片思い中の28歳の会社員・テルコにとっては夢のような時間。しかし現実ではテルコはマモルにとって「都合のいい女」でしかない。

 マモルに嫌われないように必死で自分からは一切連絡をせず「好き」とも伝えないテルコは、親友の葉子(深川麻衣)から冷たい目で見られても気にしない。葉子に片思い中の男・ナカハラ(若葉竜也)に「幸せになりたいっすね」と言われて「うるせーバーカ」と返したテルコが再び都合よく呼び出され、「好きになるようなとこなんて無いはずなのにね」「なんだと、こら」とベッドの上でじゃれている様子が切なすぎる……。

 メガホンを取ったのは『パンとバスと2度目のハツコイ』などの今泉力哉監督。京都を拠点に活動する4ピースバンド・Homecomingsの楽曲「Cakes」が主題歌として使用されている。(編集部・海江田宗)

【関連情報】
【動画】切なすぎる…岸井ゆきの×成田凌『愛がなんだ』予告編
岸井ゆきの、恋にいちずなヒロインとの共通点明かす
「まんぷく」14歳演じる岸井ゆきのの演技に驚きの声!
柴咲コウ、角田光代「坂の途中の家」ドラマ化で母親役
門脇麦、成田凌との共演では「大体ビンタし合ってる」
深川麻衣「まんぷく」で念願の朝ドラに!牧瀬里穂、加藤雅也も後半から出演

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >