2019/02/05 07:10

ワイスピ初スピンオフ予告編でロック様&ステイサム大暴れ!

ロック様&ステイサムがタッグ!(写真は映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』より) Universal Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ
ロック様&ステイサムがタッグ!(写真は映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』より) Universal Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 『ワイルド・スピード』シリーズ初のスピンオフ映画『ワイルド・スピード/HOBBS & SHAW(原題)』の海外版予告編が1日、ユニバーサル・ピクチャーズ公式YouTubeチャンネルで公開された。

 本作のメインキャラクターは、『ワイルド・スピード』シリーズに登場する元FBI特別捜査官ホブス(ドウェイン・ジョンソン)と元特殊部隊員の暗殺者デッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)。かつて敵同士だった二人がタッグを組むことになり、正体不明の敵を捕らえるべく奔走する。

 予告編は、「誰が組むかこんなクソヤローと!」と互いに暴言を吐き捨てるホブスとショウの凸凹なコンビネーションが印象的。ワイルド捜査官らしいホブスの怪力はもちろん、英国紳士のような風貌でスマートに戦うショウのアクションにも注目だ。

 さらに、本作の敵となる人物ブリクストン(イドリス・エルバ)やショウの妹ハッティ(ヴァネッサ・カービー)も登場。「人類の進化型。銃は効かない」と豪語するブリクストンは、圧倒的なパワーでホブスとショウに襲い掛かる。「今度の敵は別格よ」と忠告するハッティの言葉からも、彼の手強さが伝わってくる。

 監督は、『デッドプール2』『アトミック・ブロンド』などのアクション映画を手掛けたデヴィッド・リーチ。『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』からシリーズの脚本を手掛けているクリス・モーガンが、スピンオフでも脚本を担当する。全米公開は8月2日を予定しており、日本でも2019年夏全国公開。(編集部・倉本拓弥)

【関連情報】
【映画】映画『ワイルド・スピード/HOBBS & SHAW(原題)』海外版予告編
ドウェイン・ジョンソン、ワイルド・スピード第9弾に出演せず
ジェイソン・ステイサム、巨大ザメとの戦いは「新たな冒険」
ポール・ウォーカーの死から5年…『ワイスピ』共演者たちが追悼
『ワイルド・スピード』新スピンオフ始動!女性キャラクターが中心に
ガル・ガドット、ロック様と『ワイスピ』以来の共演!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >