2019/02/06 10:05

アームストロングの息子たちが語る『ファースト・マン』

リック・アームストロングとマーク・アームストロング (C) Universal Pictures
リック・アームストロングとマーク・アームストロング (C) Universal Pictures

 人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の船長ニール・アームストロングの人生を描いた映画『ファースト・マン』。昨年9月にアメリカ・フロリダ州のケネディ宇宙センターで行われた取材会にニールの子どもであるマーク・アームストロング、リック・アームストロングが参加し、作品について語った。

 マークとリックの父が月に降り立ったのは1969年のこと。当時のことを振り返った2人は「父が月に行くと聞いても僕たちはなにも心配していなかった。母は恐怖を感じていたようだけど」と笑う。そして「そもそも自分たちを普通の家族だと思っていたんだよ。父がパイロットだったのは知っていたけど、歴史を変える偉業に挑んでいるとは到底考えが及ばなかった」と続けた。

 『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督とライアン・ゴズリングが再タッグを組んだ今作は、ニール・アームストロングの伝記ドラマであり、壮大な宇宙の映像が描写される。だが単なる「宇宙映画」とは違う。昨年のベネチア映画祭の公式会見でデイミアン監督は「『家族のドキュメンタリー映画』とも感じられる作品にできればと(撮影中に)ライアンと話していました。ホームムービーですが、家族の中にたまたま月に行く人がいた」と作品について語っており、ニールが抱えていた葛藤や家族との絆なども映し出される。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >