2019/02/06 15:51

エズラ・ミラー、紀里谷和明監督とタッグ 天童荒太「悼む人」ハリウッド映画化

『ザ・モーナー(原題)』で主演を務めるエズラ・ミラー Bruce Glikas / Bruce Glikas / FilmMagic / Getty Images
『ザ・モーナー(原題)』で主演を務めるエズラ・ミラー Bruce Glikas / Bruce Glikas / FilmMagic / Getty Images

 映画『ファンタスティック・ビースト』シリーズなどのエズラ・ミラーが、作家・天童荒太のベストセラー小説「悼む人」をハリウッドが実写化する『ザ・モーナー(原題) / The Mourner』で主演を務めると、Deadlineなどが報じた。『CASSHERN』『ラスト・ナイツ』の紀里谷和明監督がメガホンを取る。

 「悼む人」は、死者を悼むために全国を放浪し続ける主人公と、彼を取り巻く人々が織りなすドラマを描いた作品。同小説は、2008年に第140回直木賞を受賞しており、2015年には堤幸彦監督がメガホンを取り、高良健吾と石田ゆり子の共演で映画化もされた。

 ハリウッド版は、人身売買事件の犯人を追跡する女性刑事が、ある神秘的な男性(エズラ)に出会ったことで、人生における精神的な意味に気づいていくさまを描くという。現時点で発表されているキャストは、エズラのみ。脚本は、ドラマ「狼の食卓」のロビン・シュシャンが担当し、『ザ・ウォード/監禁病棟』などのマイク・マーカスが、紀里谷監督と共に製作として名を連ねる。本作は、2019年夏にも撮影開始予定だという。

 紀里谷監督は3日、Twitterで同サイトの記事を引用する形で「Announcement(発表)」とつづっている。『ラスト・ナイツ』でクライヴ・オーウェン、モーガン・フリーマンらを迎えてハリウッドデビューを果たした紀里谷監督が、エズラとどのような化学反応を生み出すのか注目だ。(編集部・倉本拓弥)

【関連情報】
【動画】2015年に公開された映画『悼む人』
まるでガガ様!『ファンタビ』プレミアのエズラ・ミラーがやばい
紀里谷和明監督、ハリウッド進出作は「命がけで作った」
ジョニー・デップ、水俣病を扱った新作で実在の写真家に!日本でも撮影
フラッシュ単独映画、撮影が延期 2020年公開は困難か
高良健吾の痩せ方に石田ゆり子が心配

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >