2019/02/09 14:21

アカデミー賞にノミネートされている是枝監督、現在の思い語る

観客からの質問に答えた是枝裕和監督
観客からの質問に答えた是枝裕和監督

 是枝裕和監督の映画『万引き家族』が第91回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたことを受けて、約100館規模の凱旋上映が決定。それを記念したティーチインイベントが8日にTOHOシネマズ日比谷で実施され、是枝監督が現在の思いを語った。

 昨年の第71回カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いたのを筆頭に、映画賞で数多くの賞を獲得している本作。先日発表された第91回アカデミー賞候補作の発表では、『おくりびと』以来10年ぶりに日本映画が外国語映画賞にノミネートされたことも話題となったばかり。そのことについてコメントを求められた是枝監督は「ヨーロッパの映画祭はずいぶんまわらせていただいているんで、自分の映画がどう転がっていき広がっていくのかは感じていますが、今回は今まで自分がタッチしていなかったところに作品が転がっていって。後から追いかけている感じ」と現在の心境を明かす。

 さらについ先日、ロサンゼルスでアカデミー賞候補者が一堂に会する恒例の昼食会が行われたことを踏まえて、「ここは自分がいていい場所なのかと悩みながら、レディー・ガガと写真を撮ったりして。『大丈夫なのかな、俺は』と思った」と心境を明かし、会場を沸かせた。「あの会場で英語をしゃべっていなかったのは僕と『ROMA/ローマ』に主演した女性(ヤリッツァ・アパリシオ)くらいで。英語をもっと話せれば、写真を一緒に撮った相手の映画をツッコんで話ができるのになという気持ちになりましたね」と付け加えた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >