2019/02/09 12:07

唐田えりか、誰かの人生を変えられる女優に!

唐田えりか、松井玲奈、日南響子
唐田えりか、松井玲奈、日南響子

 女優の唐田えりかが8日、テアトル新宿で行われたオムニバス映画『21世紀の女の子』劇場公開記念舞台あいさつに、松井玲奈、日南響子、山戸結希監督、加藤綾佳監督、坂本ユカリ監督と共に出席。女優業への熱い思いを語った。

 本作は、映画『溺れるナイフ』などの山戸監督が企画・プロデュース・共同監督を務めた短編オムニバス映画。80年代後半~90年代生まれの新進女性映画監督15人が集い、「自身のセクシャリティーあるいは、ジェンダーが揺らいだ瞬間」をテーマに8分以内の短編を製作した。

 唐田は、山戸が監督を務めた『離ればなれの花々へ』で主演を務めたが、あて書きしたのかと思うぐらい脚本が自分の言葉に感じてきたというと「完成した作品を観て、言葉にならない涙があふれてきました」と言葉に詰まる。

 さらに唐田は「この映画を観て、共感してくださったり、涙を流してくれる方がいるかもしれません。そういう映画になったということは、一人一人が作品に愛を込めたからだと思います」と熱弁をふるうと、これからの女優人生について「向き合う役、一つ一つに愛をこめて、みなさんの思いや人生を変えていけるような役者になります」と力強く宣言した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >