2019/03/04 06:22

平手友梨奈、ソロで歌う『響』主題歌は「歌詞に共感できた」

『響-HIBIKI-』で映画初出演&初主演を果たした平手友梨奈
『響-HIBIKI-』で映画初出演&初主演を果たした平手友梨奈

 昨年9月、映画『響-HIBIKI-』で衝撃的なスクリーンデビューを飾った欅坂46の平手友梨奈が、映画公開から5か月がたったいま、いまだCD化されていない幻の主題歌「角を曲がる」や、約1年間を費やした映画への取り組みなどについて、改めて振り返った。

 15歳の女子高生が、天才小説家として文壇に強烈な一撃を食らわせる柳本光晴の人気漫画「響~小説家になる方法~」を実写映画化した本作。非常にエキセントリックな主人公・鮎喰響を演じた平手には、実写化発表の際から原作者をはじめ多方面から「響にぴったり」という声が上がっていた。

 実際、映画が公開されると、まるで響が乗り移ったかのような平手の佇まいは、原作ファンをも唸らせた。平手自身は「演じている感覚ではなく、ただ自然体でいただけ。周囲から『響になっていたよ』と言っていただきましたが、自分ではわからない」と技術的な部分で“演じている”という感覚はまったく意識になかったと証言する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >