2019/02/12 23:12

『沈黙 −サイレンス−』『犬ヶ島』に関わった太鼓プレイヤー・渡辺薫を直撃!

世界中で活躍する篠笛・フルート・太鼓プレイヤーの渡辺薫
世界中で活躍する篠笛・フルート・太鼓プレイヤーの渡辺薫

 ニューヨークを拠点に世界中で活躍する篠笛・フルート・太鼓プレイヤーの渡辺薫が、2月8日(現地時間)、ニューヨークの自宅で自身のキャリアと音楽への想いを語った。

 アメリカのセントルイス出身、セントルイス交響楽団に属していた両親の影響で、幼少の頃から楽器に触れる機会があった渡辺。フルートやバイオリンを演奏していたが、11歳のときに和太鼓と運命的な出会いを果たす。「長野県諏訪市の(和太鼓奏者の)小口大八先生がセントルイスにいらして、彼のワークショプに参加した際に、初めて太鼓をたたかせていただきました」。その後、遊びでは太鼓をたたいていたそうだが、中学、高校ではフルートに専念し、音大でジャズを専攻する。

 黒人のジャズを通して彼らの文化や歴史を知ったことで、自分自身が日系アメリカ人ではあるものの、日本の文化や歴史に疎いことに気づき、自分のアイデンティティーを追求するために日本に渡ることを決意する。「新潟の佐渡島に行きました。『鼓童』という和太鼓集団で2年間の研修の後、メンバーとして、計約10年在籍しました。『鼓童』では、まず体力的に訓練しなければならず、週6回、起床後に10キロ走りました(笑)。その後の朝食も当番制。その他に、自分で太鼓のバチを削ったり、いろいろな踊り、笛、三味線、能や狂言、茶道などを体験したり。ある意味アメリカに住んでいた僕の方が、東京の人よりも日本の文化を知っていたと思います」と当時を振り返った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >