2019/02/14 22:42

バスケット業界を描いたスティーヴン・ソダーバーグ監督最新作、キャストらが語る

(下段)左から、ビル・デューク、ソーニャ・ソーン、メルヴィン・グレッグ、アンドレ・ホランド、(上段)左から、タレル・アルヴィン・マクレイニー、カイル・マクラクラン、ザジー・ビーツ
(下段)左から、ビル・デューク、ソーニャ・ソーン、メルヴィン・グレッグ、アンドレ・ホランド、(上段)左から、タレル・アルヴィン・マクレイニー、カイル・マクラクラン、ザジー・ビーツ

 スティーヴン・ソダーバーグ監督がNetflixのもとで手掛けた新作『ハイ・フライング・バード -目指せバスケの頂点-』について、出演俳優のアンドレ・ホランド、ザジー・ビーツ、ソーニャ・ソーン、メルヴィン・グレッグ、ビル・デューク、カイル・マクラクランと、脚本家のタレル・アルヴィン・マクレイニーが、2月7日(現地時間)、ニューヨークのAOL開催イベントで語った。

 プロバスケットボールリーグNBAがロックアウト(オーナーと選手の双方に大きな溝が生じ、新労使協定締結に失敗。リーグの業務が公的に停止になること)に入り、コートに立てていない新人選手エリック・スコット(メルヴィン)は、経済的に困っていた。相談を受けたエージェントのレイ・バーク(アンドレ)は、ロックアウト早期解決のため、独自に動き出す。ザジーはレイのアシスタントのサム、ソーニャはレイの同僚マイラ、ビルは少年のバスケットコーチのスペンス、カイルはチームオーナーのデヴィッドをそれぞれ演じた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >