2019/02/14 20:13

名子役・城桧吏、安藤サクラの受賞を祝福

欠席の安藤サクラに変わって『万引き家族』女優主演賞を受け取った城桧吏(写真はオープニングセレモニーのもの)
欠席の安藤サクラに変わって『万引き家族』女優主演賞を受け取った城桧吏(写真はオープニングセレモニーのもの)

 名子役の城桧吏が14日、神奈川県川崎市で行われた「第73回毎日映画コンクール」の表彰式に出席。この日、『万引き家族』で女優主演賞を受賞した安藤サクラが、NHK連続テレビ小説「まんぷく」撮影のため欠席したことから、同作に出演した城と佐々木みゆが安藤に代わって賞を受け取った。

 是枝裕和監督による『万引き家族』は、同賞で日本映画大賞のほか、女優主演賞、女優助演賞(故・樹木希林さん)の3部門で受賞。親の年金を不正に受給していた家族が逮捕された事件に着想を得た物語で、リリー・フランキーが父、安藤が母、城桧吏が息子、佐々木みゆが一家に引き取られる少女を演じた。第71回カンヌ国際映画祭では、日本映画では今村昌平監督の『うなぎ』以来21年ぶりとなる最高賞のパルム・ドールを受賞し、日本時間2月25日に開催される第91回アカデミー賞の外国語映画賞にノミネートされた。

 城は登壇すると、安藤について「とてもきれいな方ですごく面白くて楽しくて、(一緒に撮影したことが)いい思い出になっています」とコメント。「安藤さんは撮影していない時は僕と仲良く一緒に喋っていて、その時は楽しくて……。でも撮影が始まるといきなりスイッチが入ってその場の(撮影の)空気の中に溶け込んでしまう。一緒にいて、とても勉強になる方でした」と賛辞を贈った。一方、佐々木も安藤を「とても面白くて、優しい人」と紹介。城に優しくエスコートされながらのトークも緊張したようで、「すごく緊張して魂がぽかんと浮いてしまいました」と話して会場を和ませた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >