2019/02/15 11:00

松岡茉優&松坂桃李のピアノ演奏シーン!『蜜蜂と遠雷』に豪華ピアニストが参加

4人の演奏シーン! (C) 2019映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会
4人の演奏シーン! (C) 2019映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会

 松岡茉優主演で恩田陸の同名小説を映画化した『蜜蜂と遠雷』から、キャスト陣のピアノ演奏シーンを捉えた場面写真が公開された。あわせて、公開日が10月4日に決定したことや、劇中のピアノの音を担当するピアニストたちが発表された。

 松岡演じる亜夜は、かつて天才少女として名を馳せるも、母を亡くして以来ピアニストになることから逃げてきた。そんな彼女が、明石(松坂桃李)、マサル(森崎ウィン)、塵(鈴鹿央士)と国際コンクールで熾烈な戦いを繰り広げるなかで、互いに刺激し合い、成長を遂げ覚醒していくさまを描く。メガホンを取ったのは『愚行録』の石川慶監督。

 このたび公開となった場面写真は、4人の演奏シーンを収めたもの。ピアニストという役柄を繊細かつ感情的に演じたキャスト陣それぞれの表情にも注目だ。

 石黒裕亮プロデューサーが「映画化にあたり、『一番大事な音楽で絶対に妥協はしない』と決めました」と語るように、贅沢な音楽は本作の見どころの一つ。亜夜の音はクララ・ハスキル国際コンクール優勝で注目を浴びた河村尚子、明石の音は2015年のアイスショー「Fantasy on Ice」で羽生結弦と共演した福間洸太朗、マサルの音はNHKFMの番組「リサイタル・ノヴァ」の支配人も担当している金子三勇士、塵の音は18歳にして国際コンクールで優勝した天才・藤田真央が担当する。

 また、劇中ではコンクール曲として宮沢賢治の同名の詩をモチーフにしたオリジナル楽曲「春と修羅」が登場。作曲は、国際的に評価の高い作曲家の藤倉大が手掛けた。石黒プロデューサーも自信満々の”最強の布陣”による、豪華な音の共演に期待が高まる。(編集部・吉田唯)

【関連情報】
【写真】松岡茉優の美しいドレス姿
松岡茉優「完全な2位」安藤サクラに完敗認めライバル心燃やす
「名探偵コナン」安室透を演じて欲しい俳優、松坂桃李が1位に!
まるで本物のフレディ!『ボヘミアン・ラプソディ』で歌声が使われたシンガーが話題
松坂桃李×山本美月「パーフェクトワールド」ドラマ化
知念侑李&中川大志、吹き替えナシ!演奏シーン秘話『坂道のアポロン』

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >