2019/02/21 12:00

リラックマは食べ物を見ると…Netflix「リラックマとカオルさん」可愛すぎる制作現場を公開

 本作は、小林監督率いる10班体制で制作。ストップモーション撮影の中心となるアニメーターは全12名、そのアシスタントが5名。爆発的な流行りよりも「10年経っても古びず、楽しめるもの」を目指した。

 小林監督は、Netflixからの「ドラマとして大人も楽しめるもの」という要望に共感し、「月9、朝ドラを観たような感覚を味わってもらえたら」とイメージを説明。1話11分、13話の構成に対し、一気見したい人など視聴者の鑑賞スタイルの違いを意識したうえで、脚本の段階で荻上と議論を重ねたという。「2時間弱の映画としても成立しているモノにしたいねと。ですから伏線を張って、それが明らかになっていくという構造も仕込んでいたりします」

 制作においてポイントとなったのは、リラックマをはじめ白目のないキャラクターの表情をいかに表現するかということ。「カオルさんなど人間は白目があるので動きを出しやすいんですけど、リラックマの目は黒目のみなので、会話をしているシーンでどこを見ているのかといったことを切り取る際に、実写と同じ考え方では通用しないんです」。そのうえで、キャラクターごとの動きを考えていったという。「例えば、リラックマは普段はおっとりしているんですけど、食いしん坊なので食べ物をみる時だけ動きが少し早くなる。そういうところもポイントです(笑)」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

リラックスできる好調日。ボディメンテナンスに力をいれよう。...もっと見る >