2019/02/22 05:00

最後の「大奥」は木村文乃が主演!吉宗の側室に

木村文乃 (C) フジテレビ
木村文乃 (C) フジテレビ

 フジテレビ開局60周年特別企画「大奥 最終章」(3月25日放送)で、木村文乃が主演を務めることが明らかになった。大沢たかおと初共演を果たす。

 これまで映画やドラマ、舞台作品などが製作され、菅野美穂、仲間由紀恵、深田恭子、沢尻エリカらが主演を務めてきた「大奥」。今回は「最終章」と銘打って、シリーズの完結作になるという。物語の舞台は、幕府財政の再建を目的とした享保の改革を行い、“暴れん坊将軍”としても知られる第8代将軍・徳川吉宗の時代。大沢が吉宗を演じ、木村は側室の久免(くめ)にふんする。徳川家の基盤を立て直した吉宗を精神的支柱として、陰ながら支え続けた久免の半生が描かれていく。

 5月17日公開の映画『居眠り磐音』で本格時代劇に挑戦し、今回がテレビ時代劇への初参加となる木村。権謀術数が渦巻く大奥で強く生き抜く久免を木村がどのように表現するのか、期待が高まるところ。また、木村と初共演となる大沢は、大河ドラマ「花燃ゆ」以来となる時代劇出演で、久免という妻がいながらにして大奥の女性たちに翻弄される吉宗役に挑戦することになる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >