2019/02/24 10:02

ダークになれないヒーロー『シャザム!』は最も笑えるDC映画!プロデューサーが証言

これから学校なんだけどぉ~? 見た目はオトナ・中身はコドモのヒーローシャザム! (C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
これから学校なんだけどぉ~? 見た目はオトナ・中身はコドモのヒーローシャザム! (C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

 魔法の言葉で「見た目はオトナ、中身はコドモ」のスーパーヒーローになってしまう少年を描いた新作映画『シャザム!』について、プロデューサーが「どんなDC映画よりも最もコメディー要素が強い」とユーモア満載のクオリティーについて語った。

 本作の主人公は、謎の魔術師から「シャザム!」の一声で筋骨隆々なスーパーヒーローになれる力を授けられた少年ビリー。DCコミックスの映画群、通称DC エクステンデッド・ユニバース(以下、DCEU)の最新ヒーローでありながら、手にしたパワーに大はしゃぎのビリーは、大いなる責任に目覚めるわけでもなく、悪ガキ仲間のフレディと一緒に遊びまくり。DCを代表するバットマンのような“ダーク”な雰囲気とは無縁のヒーローだ。

 そんなシャザム映画化の経緯について、プロデューサーのピーターサフランは、ダーク路線から一歩抜け出た『ワンダーウーマン』(2017)が一つの経緯になったと説明。特に、ワンダーウーマン(ガル・ガドット)と戦闘機パイロット、スティーブ・トレバー(クリス・パイン)の軽妙なやりとりの影響は、かなり大きかったという。「2人の主人公たちの間にリアルな軽さがあるという正しい方向性へのナイスなステップだったと思う」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >