2019/03/04 15:30

アカデミー賞作品賞『グリーンブック』監督が初来日!賞レースを振り返る

『グリーンブック』を引っさげ来日したピーター・ファレリー監督
『グリーンブック』を引っさげ来日したピーター・ファレリー監督

 第91回アカデミー賞作品賞に輝いた映画『グリーンブック』(公開中)のピーター・ファレリー監督が来日し、3日にTOHOシネマズ日比谷で行われた来日記念舞台挨拶に出席した。アカデミー賞をはじめ、本年度の賞レースをにぎわせたことについて、ファレリー監督は「すごいとしか言いようがない経験だった」と振り返った。

 本作は、人種差別が残る1962年のアメリカ南部でコンサートツアーを行った黒人ピアニストのドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)と、用心棒兼運転手として雇われたイタリア系のトニー(ヴィゴ・モーテンセン)が友情を育むさまを描いたロードムービー。第91回アカデミー賞では作品賞、助演男優賞(マハーシャラ)、脚本賞の3部門を獲得した。

 ファレリー監督は、ステージに登場すると、上機嫌な様子で「コンニチハ! アリガトウ!」と日本語であいさつ。今回が初来日の監督は、2015年の「第8回したまちコメディ映画祭in台東」で来日経験がある弟のボビー・ファレリー監督から、「食べ物がめちゃくちゃ美味しいから食べ尽くせと言われたんだ。特に日本のウイスキーを試してくれとね」と来日前にアドバイスを受けていたことを明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >